Monthly Archives: April 2015

任意整理中にカードローンを利用することは可能か

任意整理とは債務整理の中のひとつで、借金の利息を正しい金利で計算し直して、それを含めて借金を大幅に減額してもらい、一定の期間で支払っていく方法です。
同時に過払い金の請求も行うことが多い借金整理の方法となります。
Fotolia_41851185_XS - コピー
この任意整理を行いますと、個人信用情報に履歴が残ります。
金融機関はこの個人情報をもとに審査を通すかどうかを決めていますので、ここに履歴が残っているうちはカードローンなどは利用できないことになります。
ですので、だいたい5年間ほどはローンを組むことはできません。

・返済方法
銀行・消費者金融ともに、返済は預金口座からの引落としかATMから入金のいずれかを利用します。

・利息の存在
毎月の返済にプラスされる利息は、元本×金利×借入期間という式で計算できます。

・早めの返済が肝心
コツコツと返済を続けて借金の残高が早く減らすことが利息カットのコツといえます。

・滞納するとどうなるの?
返済日までにお金を用意できないと滞納になってしまいます。滞納が続いたり繰り返されると信用情報機関に事故情報として登録されます。

・返済不能になったら
債務整理などでブラックリストになってしまうと、あらたなローン審査に大きな支障となります。

・借入は無理のない範囲で
収入と返済とのバランスを考え、借りすぎには十分に注意しましょう。

もちろんこれまで利用していたカードローンなども、利用することができなくなります。
それ以外にも住宅ローンや車のローンなども利用できません。
クレジットカードも持つことができなくなります。

ですので、任意整理中にはカードローンは利用できないことになるのです。
しっかりと完済し、借金がなくなり、個人信用情報の履歴が削除されれば、あたらにカードローンを利用できる可能性があります。
任意整理の時に行うことの多い過払い請求ですが、任意整理を行わなくても過払い請求のみを行うことはできます。

その場合には個人信用情報機関に履歴が残りませんので、カードローンは利用できます。
任意整理中でもカードローンを利用できるといった金融会社もあるようですが、その場合の多くは闇金融の可能性が高いですので、利用にあたっては見合わせるか、十分注意したほうが無難でしょう。

sck1112hgp02-04保証人いらずで借りられるのはココ!