カードローンの借入限度額に関わる総量規制の仕組み

貸金業者のカードローンは、貸金業法の規定に従い貸付を行わなくてはなりません。
貸金業法の中でも利用者に大きく影響するのが総量規制です。
総量規制とは貸付制限のことで、利用者の年収3分の1を超える貸付はしてはいけないとしています。
kako-lkX2ZM5keVliEbGh
・総量規制とは?
貸付金額の総額が年収の1/3までに制限する法律です。
複数の借金などで返済不能に陥る利用者を減らす目的で、2010年の法改正により導入されました。

・銀行カードローンは総量規制対象外
総量規制が適用されるのは消費者金融および信販系による融資です。

・銀行なら専業主婦もOK
収入のない専業主婦も銀行カードローンならお金を借りることができます。借入限度額は低いものの、上限金利が低めなのがポイントです。

・事前診断を試してみましょう
申込前に簡単な項目だけで借入チェックができます。

要するに、年収300万円の人は年収の3分の1位である100万円まで、年収500万円の人は約160万円までしか借りることができません。
また、この制限は1社あたりの制限ではなく、利用しているその他のカードローン、キャッシング、クレジットカードなども考慮されます。

例えば、年収300万円の債務者が貸金業者A社で30万円、貸金業者B社で50万円を既に借りていたとしてら、新規で貸金業者C社に申し込む際は残り20万円までしか融資を受けることができないとしています。
よって、借入限度額も必然的に20万円以内が限度となるでしょう。
年収が少ない方ほど総量規制の制限を重く受けることになりますが、あくまでも、この制限は貸金業者からの借り入れになりますので、それ以外の借り入れに関しては総量規制の対象外となっています。

つまり、貸金業者は消費者金融、信販会社、クレジット会社なので銀行からの借入は例外です。
そのためカードローンも、銀行カードローンなら総量規制の制限は受けません。
また、債務者が有利になる借り入れも対象外としているため、おまとめローンなどの金利を下げるための借り換えも当てはまりません。

sck1112hgp02-04保証人いらずで借りられるのはココ!