カードローン審査で嘘をつくとどうなるの?

カードローンの審査に通過したいと思えば、中には嘘の申し込みをする方もいます。
例えば、本来の年収よりも高く設定したり、勤務先の会社に大手を記入したり、他社からの借り入れがあるのにないと言ったりするケースがあります。

では、これらの嘘はまかり通るのでしょうか。
結論から言えば、嘘はバレる可能性が高いためおすすめできることではありません。
審査では、申込み内容が事実であるかの確認が行われます。
kako-2rOsZmZrSo5bW5ZD (1)
この審査は様々な方法で行われますが、その一つとして記入した会社にカードローン会社の担当者が連絡が入れ、申込み者の在籍確認をします。
連絡確認自体は担当者の個人名で行うので、カードローンの審査であることが会社に知られる可能性はありません。

ただ、在籍していなければ、この時点で嘘がバレてしまうでしょう。
さらに、消費者のこれまでの借入履歴はすべて個人信用情報機関にて管理されており、この情報機関の情報はカードローン各社が共有し合っています。
そのため、借り入れをしていないという嘘も通りません。

もしも、こういった嘘がバレてしまった場合、審査に通過できないのはもちろんのことですが、今後の借り入れにも影響してくる可能性が出てきます。
というのも、審査に落ちたという情報も個人信用情報機関にて登録されることになるため、嘘をついて申し込みをしたという事実が業界に広まってしまうのです。
よって、信用を重視するカードローンの審査は益々厳しいものになるでしょう。

審査申込には在籍確認という過程があり、カード会社から職場に電話が入ることになります。
この在籍確認を避けるために申請書類に嘘の内容を記載するのは厳禁です。

連絡先や収入欄をはじめ申告内容に偽りがあった場合、必ず後でバレてしまいます。
このようなやり方をしては申込段階から大きく信用を失い、審査に通る可能性は低くなってしまいます。
キャッシング審査は何より信用が第一です。

いかなる理由があろうと虚偽の申告を行うことはやめましょう。
ちなみに在籍確認の際には各社ともきちんとコツを心得ています。
電話では個人名を名乗ったりして、お金を借りることがバレないよう申込者の事情を考慮してくれます。
口コミサイトなどでカード会社の対応や評判も出ているので活用してみてもよいでしょう。

sck1112hgp02-04保証人いらずで借りられるのはココ!