アルバイトや専業主婦がカードローンを利用する方法

カードローンの契約条件の一つに、「安定した収入を継続的に得ている人」とあります。
これに当てはまる方なアルバイトでもカードローン契約が可能です。

何らかの仕事についていて毎月安定した収入があれば、サラリーマンに限らず勤務形態は問われません。
フルタイムだけでなく、派遣社員・アルバイト・パートでも借入できます。
フリーターや無職の人は返済能力なしとみなされ、原則お金を借りることはできません。
Fotolia_32618750_S - コピー
・自営業者は注意が必要
個人自営業の場合、事業性資金のための融資は不可となっています。用途が事業性資金以外であれば借入可能です。

・学生のキャッシング
消費者金融には学生専用のカードローンもあります。申込みの際には念入りに利用条件を確認しましょう。

・女性向けのキャッシング
女性に特化して融資対応を行うレディースローンも用意されています。

・金利と限度額はどうやって決まるの?
審査では申込者の年収や職業をもとに返済能力を見極めた上、融資の可否と限度額を決定します。
限度額が高いほど金利は低くなります。

ただ、正社員に比べるとどうしても安定性に欠けるため、審査では不利になってしまう点は否めません。
そこで、アルバイトの方がカードローンを利用するためには信用を高めておくことが重要になるでしょう。
信用を高めるにはアルバイトでもそこそこ稼いでいるということが大切ですが、その他にも一つのアルバイト先で最低でも6か月以上勤務している必要があります。
バイトをころころ変えている方は、いずれ収入が途絶える可能性があるため信用は得られませんが、ある程度の期間勤務していれば継続的な収入が見込めるため、アルバイトでも十分な信用を得ることが可能です。
最低でも6か月ですが、できれば1年は勤務しているのが望ましいとされています。

また、他社からの借入があると審査がより厳しくなるため、できればカードローン1社のみを使いまわしていくのが良いでしょう。
ちなみにカードローンでは年収の3分の1以上の貸付を制限しています。

例えば、年収100万円の方は借り入れする全社を合わせて約30万円までしか借り入れができません。
アルバイトは年収が低めになってしまうので、借り入れできる金額の制限も厳しめになってしまいます。

それを踏まえても、1社を効率よく使いまわしていくということがおすすめされるでしょう。
アルバイトだけでなく専業主婦の方でもカードローン会社を利用することができます。
この場合の審査対象は配偶者である夫ですから夫の信用情報を審査にかけ、問題なければ融資を受けることが出来ます。

sck1112hgp02-04保証人いらずで借りられるのはココ!