無職でもカードローンをすることは可能か

原則として、無職がカードローンを利用することはできません。
カードローンの利用条件として「安定した収入を得ている方」とあります。
つまり、収入がない方には融資はできないため、無職であるとカードローン契約はできないということになるでしょう。
ちなみに、インターネット検索をしてみると無職の方にも融資可能としている業者がありますが、これらは闇金業者ですので利用しないようにしてください。
ただ、一口に無職といっても一概ではありません。
安定した職には就いていないけれどアルバイトで生計を立てている方もいますし、株や家賃収入など不労所得を得ている方もいます。

こういった方々はカードローンの利用条件である「安定した収入」を得ているため、申し込み自体は可能となっています。
融資の有無は審査の結果次第となりますが、カードローンはアルバイト、パート、不労所得の方でも融資できるとしているので、無職が一概に借り入れできないということにはならないでしょう。
kako-IhjiMMetMfUTeEHQ (1)
また、専業主婦・主夫の場合は完全に収入がありませんが、配偶者貸付という制度があります。
無職の主婦がお金を借入する場合、銀行カードローンを利用するのがおすすめです。
総量規制の関係で消費者金融は専業主婦に融資申込を受け付けていません。
間違っても街金やヤミ金業者に手を出してはいけません。

これらの業者は多重債務者であろうがブラックリスト入りしていようが、どんな条件の人にでも現金を工面するような誘い文句で勧誘を行います。
無収入の主婦にとっても一見魅力的に思えてしまいます。

しかし簡単に資金調達できたとしても、法外な金利や無理な取立てなどでその後の生活を脅かされることになるのでくれぐれも注意が必要です。
配偶者貸付は、配偶者の年収で審査を受けることができるため、本人に収入がなくても契約することは可能です。
闇金は論外ですが、無職の方でも条件によるので諦める必要はありません。
気になるようでしたら、事前に問い合わせをして、自分の条件でカードローン契約は可能か確認してみるといいでしょう。

sck1112hgp02-04保証人いらずで借りられるのはココ!